更新日 2016.05.26 | 26 May 2016

展示中 前庭彫刻Forecourt

オーギュスト・ロダン [パリ, 1840年 - ムードン, 1917年]

考える人(拡大作)

制作年1881-82年(原型)、1902-03年(拡大)、1926年(鋳造)
材質・技法・形状ブロンズ
寸法(cm)186 x 102 x 144
署名・年記台座右側面に署名: A. Rodin; 台座背面右下に鋳造銘: Alexis Rudier / Fondeur Paris
所蔵経緯松方コレクション
分類彫刻
所蔵番号S.1959-0040
考える人(拡大作) The Thinker (Enlarged)
撮影: (c) 上野則宏

作品解説

《考える人》について、ロダンは次のように述べている。「扉の前でダンテが岩の上に腰を下ろし、詩想に耽っている。彼の背後には、ウゴリーノ、フランチェスカ、パオロなど『神曲』のすべての人物たち。この計画は実現されなかった。全体から切り離された痩身の苦悶するダンテの姿は、意味がなかった。私は最初のインスピレーションに従って別の思索する人物を考えた。裸の男で岩の上に坐り、両足を引き寄せ拳を歯にあてて、彼は夢想している。実り豊かな思索が彼の頭脳の中でゆっくりと確かなものになってゆく。彼はもはや夢想家ではない。彼は創造者である」。 《考える人》の肉体表現とその姿勢には、《アダム》と同様にミケランジェロの影響が感じられる。システィーナ礼拝堂天井画の預言者エレミア、サン・ロレンツォ聖堂メディチ家墓廟のロレンツォ・デ・メディチなどである。しかし、更に直接的な影響を及ぼした作品はカルポーの《ウゴリーノ》(1863年)である。右肘を左の腿に置いた姿勢は、驚くほどよく似ている。しかし、このカルポーの彫刻がミケランジェロの影響下にローマで制作されたことも事実である。 このブロンズの巨像は、1902年から1903年にかけて、ロダンの良き協力者であったアンリ・ルボセの手によって1881–82年の原型に基づいて拡大された。《地獄の門》から独立した《考える人》は、一個の思索する人物ではなく人類共通の普遍的な人間像となった。(出典: 国立西洋美術館名作選. 東京, 国立西洋美術館, 2009. cat. no. 133)

来歴

松方幸次郎氏購入; 1944年フランス政府が接収; 1959年フランス政府より寄贈返還

展覧会歴

1960
松方コレクション名作選抜展, 国立西洋美術館, 1960年5月14日-1960年7月10日, S-40
1966
ロダン展: 没後50年記念, 国立西洋美術館, 1966年7月23日-1966年9月11日, cat. no. 18
1989
ロダン「地獄の門」展: 開館30周年記念展, 国立西洋美術館, 1989年10月21日-1989年12月17日, cat. no. 7
2000
西美をうたう:短歌と美術が出会うとき, 国立西洋美術館, 2000年7月25日-2000年10月29日, cat. no. 1
2012
手の痕跡:国立西洋美術館所蔵作品を中心としたロダンとブールデルの彫刻と素描, 国立西洋美術館, 2012年11月3日-2013年1月27日, cat. no. 67

文献歴

1990
神戸市立博物館編. 松方コレクション西洋美術総目録. 神戸, 「松方コレクション展」実行委員会, 1990, cat. no. S-54.
2013
国立西洋美術館名作選. 東京, 西洋美術振興財団, 2013, no. 132, col. repr.

Page top

Auguste Rodin [Paris, 1840 - Meudon, 1917]

The Thinker (Enlarged)

Date1881-82 (model), 1902-03 (enlarged), 1926 (cast)
Materials/Techniquesbronze
Size (cm)186 x 102 x 144
InscriptionsSigned right side of base: A. Rodin; Foundry mark lower right back of base: Alexis Rudier / Fondeur Paris
Credit LineMatsukata Collection
CategorySculptures
Collection NumberS.1959-0040
The Thinker (Enlarged)

Rodin made the following comment about The Thinker. "Dante sat down on the rock in front of the gates and became absorbed in poetic reverie. Behind him were Ugolino, Francesca, Paolo and all the other characters of the Divine Comedy. This plan was never realized. The anguished form of Dante's thin body isolated from the whole was meaningless. Following my initial inspiration, I then thought of another pensive figure. A naked man sits lost in thought on a rock, with both legs drawn up and his fist resting against his teeth. The work inspires a slow consideration of the beautiful thoughts that fill his head. He is not an idle dreamer. Rather, he is a creator." The physical expression and form of The Thinker, like Adam's, reveal the influence of Michelangelo. Figures such as the prophet Jeremiah in the Sistine Chapel ceiling frescos, and Lorenzo de Medici on the Medici tomb in San Lorenzo Chapel come to mind. Another work that exerted a direct influence was Carpeaux's Ugolino (1863). The image of the right elbow resting on the left thigh is surprisingly similar to Carpeaux's work. The work by Carpeaux, however, was actually executed in Rome under the direct influence of Michelangelo. This gigantic bronze figure was enlarged between 1902-04 by Rodin's collaborator Henri Lebossé on the basis of Rodin's model from 1880. The Thinker, set apart from The Gates of Hell, does not depict an individual thinking figure, but rather represents a universal image of mankind. (Source: Masterpieces of the National Museum of Western Art, Tokyo, 2009, cat. no. 133)

Provenance

Kojiro Matsukata; Sequestered by the French Government, 1944; Returned to Japan, 1959.

Exhibition History

1960
The Masterpieces of the Ex-Matsukata Collection, National Museum of Western Art, Tokyo, 14 May 1960 - 10 July 1960, S-40
1966
Rodin, National Museum of Western Art, Tokyo, 23 July 1966 - 11 September 1966, cat. no. 18
1989
Rodin et la Porte de l’Enfer (Rodin and the Gates of Hell), National Museum of Western Art, Tokyo, 21 October 1989 - 17 December 1989, cat. no. 7
2000
Tanka at the National Museum of Western Art: An Encounter between Poet and Art, National Museum of Western Art, Tokyo, 25 July 2000 - 29 October 2000, cat. no. 1
2012
Traces of Hands: Sculpture and Drawings by Rodin and Bourdelle from the National Museum of Western Art, Tokyo, The National Museum of Western Art, Tokyo, 3 November 2012 - 27 January 2013, cat. no. 67

Bibliography

1990
The Old Matsukata Collection. Kobe City Museum, ed. Kobe, "Matsukata Korekushon Ten" Jikkoiinkai, 1990, cat. no. S-54.
2013
Masterpieces: The National Museum of Western Art, Tokyo. Tokyo, The Western Art Foundation, 2013 (Japanese, preface in Japanese and English), no. 132, col. repr.

Page top