更新日 2018.02.24 | 24 February 2018

展示中 常設展Permanent Collection

オーギュスト・ロダン[パリ, 1840年 - ムードン, 1917年]

フギット・アモール(去りゆく愛)

制作年1887年以前
材質・技法・形状ブロンズ
寸法(cm)36 x 45 x 20
署名・年記台座背面に署名: A. Rodin; 台座正面に鋳造銘: Alexis. Rudier / Fondeur. PARIS
所蔵経緯松方コレクション
分類彫刻
所蔵番号S.1959-0022
フギット・アモール(去りゆく愛) Fugit Amor (Fugitive Love)
撮影: (c) 上野則宏

作品解説

「フギット・アモール」は、逃げ去る愛、消えゆく愛を意味するラテン語である。頭に両手を当て、うつぶせに伸びあがるような曖昧なポーズの若い女、その背からずり落ちそうな不安定な位置で仰向けになって、尽きようとする力をふりしぼって両腕を女性の胸にまわそうとする男。はかなく消え去る愛、渇望しつつ永遠に到達することのできない確かな愛、そして決して手中にすることのできない絶対的な真や美を象徴している。《地獄の門》の右扉で、この群像は2カ所にはっきりとした姿を浮かび上がらせている。(出典: デジタルギャラリー. 1999-2006)

来歴

松方幸次郎氏購入; 1944年フランス政府が接収; 1959年フランス政府より寄贈返還.

展覧会歴

1960
松方コレクション名作選抜展, 国立西洋美術館, 1960年5月14日-1960年7月10日, S-22
1966
ロダン展: 没後50年記念, 国立西洋美術館, 1966年7月23日-1966年9月11日, cat. no. 30
1988
[巡回展] 国立西洋美術館所蔵 ロダン展, 倉吉博物館, 倉吉(鳥取県), 1988年5月13日-1988年6月12日, cat. no. 17
1989
ロダン「地獄の門」展: 開館30周年記念展, 国立西洋美術館 , 1989年10月21日-1989年12月17日, cat. no. 53
1996
国立西洋美術館所蔵 ロダン展, 萬鉄五郎記念美術館, 東和町(岩手県), 1996年10月10日-1996年11月17日, cat. no. 21
2007
[国立美術館巡回展] 国立西洋美術館所蔵 ヨーロッパ美術の精華―神々と自然のかたち―, 松本市美術館, 2007年12月11日-2008年2月3日, cat. no. 43
2007
[国立美術館巡回展] 国立西洋美術館所蔵 ヨーロッパ美術の精華―神々と自然のかたち―, 姫路市立美術館, 2007年11月4日-2007年12月2日, cat. no. 43
2012
手の痕跡:国立西洋美術館所蔵作品を中心としたロダンとブールデルの彫刻と素描, 国立西洋美術館, 2012年11月3日-2013年1月27日, cat. no. 42

文献歴

1990
神戸市立博物館編. 松方コレクション西洋美術総目録. 神戸, 「松方コレクション展」実行委員会, 1990, cat. no. S-36.

Page top

Auguste Rodin [Paris, 1840 - Meudon, 1917]

Fugit Amor (Fugitive Love)

DateBefore 1887
Materials/Techniquesbronze
Size (cm)36 x 45 x 20
InscriptionsSigned back of base: A. Rodin, Foundry mark front of base: Alexis. Rudier / Fondeur. PARIS
Credit LineMatsukata Collection
CategorySculptures
Collection NumberS.1959-0022
Fugit Amor (Fugitive Love)
Photo by (c) Norihiro Ueno

"Fugit amor" is the Latin for fugitive or transient love. The young woman has both hands raised against her head. The man is facing upward in an awkward position as if about to slide off the woman's back and is desperately draining his arms around the woman's breast. Together they symbolize love that disappears in vain, a sound love that is yearned after and yet eternally unattainable, and the absolute truth or beauty that can never be obtained. This couple is identifiable in two sections of the right door of "The Gates of Hell". (Source: The Digital Gallery. 1999-2006)

Provenance

Kojiro Matsukata; Sequestered by the French Government, 1944; Returned to Japan, 1959.

Exhibition History

1960
The Masterpieces of the Ex-Matsukata Collection, National Museum of Western Art, Tokyo, 14 May 1960 - 10 July 1960, S-22
1966
Rodin, National Museum of Western Art, Tokyo, 23 July 1966 - 11 September 1966, cat. no. 30
1988
[Tour Exhibition] Rodin, The Kurayoshi Museum, 13 May 1988 - 12 June 1988, cat. no. 17
1989
Rodin et la Porte de l’Enfer (Rodin and the Gates of Hell), National Museum of Western Art, Tokyo, 21 October 1989 - 17 December 1989, cat. no. 53
1996
Rodin: Selected Works from National Museum of Western Art, Yorozu Tetsugoro Memorial Museum, Towacho, 10 October 1996 - 17 November 1996, cat. no. 21
2007
Gods and Nature: The Essence of European Art from the National Museum of Western Art, Tokyo, Matsumoto City Museum of Art, 11 December 2007 - 3 February 2008, cat. no. 43
2007
Gods and Nature: The Essence of European Art from the National Museum of Western Art, Tokyo, Himeji City Museum of Art, 4 November 2007 - 2 December 2007, cat. no. 43
2012
Traces of Hands: Sculpture and Drawings by Rodin and Bourdelle from the National Museum of Western Art, Tokyo, The National Museum of Western Art, Tokyo, 3 November 2012 - 27 January 2013, cat. no. 42

Bibliography

1990
The Old Matsukata Collection. Kobe City Museum, ed. Kobe, "Matsukata Korekushon Ten" Jikkoiinkai, 1990, cat. no. S-36.

Page top