更新日 2017.07.03 | 03 July 2017

現在は展示していません

ジャック・カロ[ナンシー, 1592年 - ナンシー, 1635年]

『戦争の悲惨(大)』:絞首刑

制作年1633年出版
材質・技法・形状エッチング
寸法(cm)7.2 x 18.5(画寸); 8.3 x 18.6(版寸)
Standard ref.Lieure 1349 (ii/iii)
分類版画
所蔵番号G.1987-0338
『戦争の悲惨(大)』:絞首刑 <The Large Miseries of War>: The Hanging

作品解説

16世紀末、マニエリスムからバロックへの転換期には、奇矯な形体への志向と写実主義精神を合わせ持つ個性豊かな版画家たちが輩出した。その中で、この時代の最後を飾るとともに最も重要な役割を果たしたのが、ジャック・カロ(1592頃-1635)である。フランス北東部ロレーヌ公国の首都ナンシーに生まれたカロは、1608年ローマに赴き、フィリップ・トマサンのもとで銅版画技術を習得した。ついで1612年頃フィレンツェに移り、メディチ家コジモ二世の宮廷に仕え、同家出身のトスカナ大公故フェルディナンドの生涯や宮廷の祝典を主題に銅版画を制作した。初期の代表作と見なされる《聖アントニウスの誘惑(第一作)》(1617年頃)や《インプルネータの市》(1620年)は、約9年に及ぶフィレンツェ滞在中の作品である。1621年春にコジモ二世が歿するとまもなくナンシーへ戻り、以後ネーデルラントやパリでの短期間の滞在を除けば、歿年までこのロレーヌの町で活動した。しかし、その名声はこの地方にとどまらず、膨大な版画を通じて急速にヨーロッパ各国に広がった。 カロの版画の主題は宮廷の祝典、コメディア・デラルテの登場人物、宗教的主題、風景のほか、乞食、不具者、ジプシーから王侯貴族に至るあらゆる階層の人々、また三十年戦争(1608-48年)に明け暮れる悲惨な時代を告発する鋭い社会批判を持つもの、さらに貨幣のデザインなどきわめて多岐にわたる。彼はこれらの主題を、時には非常にこまかい、しかし的確な筆致で銅板に刻むことによって、微細なモティーフにも動きを与え、画面全体に独特の生気を生み出している。そして、このような効果をもたらすため、彼は当時としては珍しく、硬いニスを銅板に塗るハード・グラウンド・エッチング技法を用いた。彼は素描家としても大変すぐれ、版画のための習作素描も数多く残しているが、彼の場合、版画と素描は様式的にも技法的にもきわめて密接な関係にあった。また、銅板を酸で腐食させる際に、主要なモティーフと副次的モティーフ、あるいは近景と遠景を何度にも分けて腐食させることによって線描の太さに変化をつけ、動勢のある自然な遠近感を生み出すなどの工夫がこらされている。 カロの版画はカタログ編纂者リュールによれば、その数1428点に達するが、このたび当館が購入した作品は実にそのうちの四分の三を超える(ただし同一の紙に複数の図柄が刷ってある例もあり、その場合でもリュールは一つの図案に一つのカタログ番号を与えていることから、紙数としてはこの数をかなり下まわる)。 ‐‐[以下、連作『戦争の悲惨』について]ロレーヌ地方は三十年戦争の表舞台となり、旧教徒軍と新教徒軍、あるいは皇帝軍とフランス軍とによって徹底的に蹂躙された。カロは同胞たちがこうむった諒奪、暴行、拷問、虐殺の様を克明に銅版に刻んだ。(出典: 昭和62年度新収作品 [配布資料]. [東京]: 国立西洋美術館, 1987. より一部引用)

来歴

Purchased by the NMWA, 1988.

展覧会歴

1999
ゴヤ: 版画にみる時代と独創, 国立西洋美術館, 1999年1月12日-1999年3月7日, cat. no. 229
2003
[版画素描展示] ジャック・カロの版画: 17世紀フランス、イタリアの人々、宮廷、戦争, 国立西洋美術館 版画素描展示室, 2003年9月13日-2003年12月14日, cat. no. 55
2005
ジョルジュ・ド・ラ・トゥール: 光と闇の世界, 国立西洋美術館, 2005年3月8日-2005年5月29日, 参考出品
2014
ジャック・カロ: リアリズムと奇想の劇場, 国立西洋美術館, 2014年4月8日-2014年6月15日, cat. no. 186

文献歴

1912
Bruwaert, Edmond. Vie de Jacques Callot: Graveur Lorrain, 1592-1635. Paris, Imprimerie Nationale, 1912, pp. 14, 107, 124, 146, 148, 151-152, 171-172, 189, 193-196, 208.
1962
Ternois, Daniel. L'art de Jacques Callot. Paris, F. De Nobele, 1962, pp. 196-198.
1962
Ternois, Daniel. Jacques Callot: Catalogue complet de son œuvre dessiné. Paris, F. De Nobele, libraire de la Société de dessins anciens et modernes, 1962, pp. 130-133.
1969
Jacques Callot und sein Kreis: Werke aus dem Besitz der Albertina und Leihgaben aus den Uffizien (exh. cat.). Knab, Eckhart; Oberhuber, Konrad, eds. Albertina, Vienne, 17 December, 1968 - 2 Mars, 1969. Vienne, 1969, pp. 155-160, nos. 464-481.
1975
Jacques Callot prints & related drawings (exh. cat.). Blanchard, Jeffrey; Russell, Diane H., eds. National Gallery of Art, Washington, 29 June - 14 September, 1975. Washington, National Gallery of Art, 1975, pp. 246-262, nos. 190-213.
1990
国立西洋美術館年報. Nos. 21-22 (1987-88), 1990, 雪山行二., 新収作品解説. p. 17, 新収作品目録. pp. 138-143, repr.
1992
Jacques Callot: 1592-1635 (exh. cat.). Choné, Paulette; Ternois, Daniel; Depluvrez, Jean-Marc; Heckel, Brigitte, eds. Musée Historique Lorrain, Nancy, 13 June - 14 September, 1992. Paris, Editions de la Réunion de Musées nationaux, 1992, pp. 402-409, no. 517.

Page top

Jacques Callot [Nancy, 1592 - Nancy, 1635]

<The Large Miseries of War>: The Hanging

Date1633,published
Materials/Techniquesetching
Size (cm)7.2 x 18.5 (image); 8.3 x 18.6 (plate)
Standard ref.Lieure 1349 (ii/iii)
CategoryPrints
Collection NumberG.1987-0338
<The Large Miseries of War>: The Hanging

Provenance

Purchased by the NMWA, 1988.

Exhibition History

1999
Goya: his time and his uniqueness, National Museum of Western Art, Tokyo, 12 January 1999 - 7 March 1999, cat. no. 229
2003
[Prints and Drawings Exhibition] The Prints of Jacques Callot: Images of 17th Century France and Italy, National Museum of Western Art, Tokyo, 13 September 2003 - 14 December 2003, cat. no. 55
2005
Georges de La Tour, National Museum of Western Art, Tokyo, 8 March 2005 - 29 May 2005
2014
Jacques Callot: Theater of Realism and Fantasy, National Museum of Western Art, Tokyo, 8 April 2014 - 15 June 2014, cat. no. 186

Bibliography

1912
Bruwaert, Edmond. Vie de Jacques Callot: Graveur Lorrain, 1592-1635. Paris, Imprimerie Nationale, 1912, pp. 14, 107, 124, 146, 148, 151-152, 171-172, 189, 193-196, 208.
1962
Ternois, Daniel. L'art de Jacques Callot. Paris, F. De Nobele, 1962, pp. 196-198.
1962
Ternois, Daniel. Jacques Callot: Catalogue complet de son œuvre dessiné. Paris, F. De Nobele, libraire de la Société de dessins anciens et modernes, 1962, pp. 130-133.
1969
Jacques Callot und sein Kreis: Werke aus dem Besitz der Albertina und Leihgaben aus den Uffizien (exh. cat.). Knab, Eckhart; Oberhuber, Konrad, eds. Albertina, Vienne, 17 December, 1968 - 2 Mars, 1969. Vienne, 1969, pp. 155-160, nos. 464-481.
1975
Jacques Callot prints & related drawings (exh. cat.). Blanchard, Jeffrey; Russell, Diane H., eds. National Gallery of Art, Washington, 29 June - 14 September, 1975. Washington, National Gallery of Art, 1975, pp. 246-262, nos. 190-213.
1990
Annual bulletin of the National Museum of Western Art. Nos. 21-22 (Apr. 1987 -Mar. 1988), 1990, Yukiyama, Koji., New Acquisitions 1987-1988. p. 17, Catalogue of the New Acquisitions 1987-88. pp. 138-143, repr.
1992
Jacques Callot: 1592-1635 (exh. cat.). Choné, Paulette; Ternois, Daniel; Depluvrez, Jean-Marc; Heckel, Brigitte, eds. Musée Historique Lorrain, Nancy, 13 June - 14 September, 1992. Paris, Editions de la Réunion de Musées nationaux, 1992, pp. 402-409, no. 517.

Page top